フロントページ

ニコン

 近年の高額化が懸念されるも経営健全化のためには仕方がないか。がんばれニコン!

カメラ

 精度と速度のバランスでAF最強メーカー(個人的見解)、ニコンで撮れなければあきらめもつく。
 RAWレタッチ耐性verygood。歴代ごとに絵作りが変わるのはご愛嬌。進歩と前向きに捉えるべし。
 RAW現像前提でオススメ。

レンズ

高級高性能高額なフルサイズレンズ。中堅のリーズナブルかつ高性能な単焦点。入門者向けレンズは性能比で価格破壊。

がんばったニコン

  • 早くてとても正確なAF
  • いつでも確実に迅速に動作する安定性
  • ありえない性能のベーシック価格レンズ群
  • 絵に関して手を抜かない入門者向け一眼(画質の点では中級クラスと同じ)

がんばれニコン

  • 絵作りに迷いが(好みの問題。以前は黄色いが線が細い表現)
  • 屋外での人肌の表現(特に日陰)
  • 他社に倣ったのかシャドウを潰す方向がデフォルト(レタッチ耐性最強クラスなのでRAW現像ならOKだが)

ペンタックス

 静かで精密なシャッターフィール最高。まじめな絵作り、操作性。良心的な価格。
 うるさいシャッター音が苦手な人はミラーレスかペンタックス。
 JPG撮って出し重視で嘘くさい絵が苦手な人もペンタックス。

カメラ

 小さくても防塵防滴低温対応当たり前のアウトドア仕様がデフォルト。そして正確だが優雅な動作のAF。
 JPG撮って出しでも納得の絵作り。風景は「あざやか(デフォルト)」、人物は「ナチュラル」おすすめ。
 嫌味のない自然な色合いはフジより好み。

レンズ

 APS-Cレンズの豊富なラインナップは無双状態。そしてストイックなまでにシンプルなフルサイズレンズ群。
 ペンタックス独特の立体感を味わうなら、スターレンズかリミテッド(FA&DA)おすすめ。
 今だにボディモーターをAFに使用する賑やかなレンズが多く、マニュアルでのピント合わせの技量向上をうながしてくれる。

がんばったペンタックス

  • 「鮮やか」の嫌味のない記憶色、「ナチュラル」の綺麗な忠実色のJPG
  • 撮影から直後の確認までをスムーズに作業できるgoodな操作性
  • もう少し高くてもいいんですよと言いたくなるコスパ
  • 「このレンズを使いたい」魅力的個性的なレンズラインナップ
  • コンパクトで充実したAPS-Cラインナップ

がんばれペンタックス

  • AFがマイペース(但し新しいレンズはニコンに近づいた)
  • カメラの処理がいろんなところでマイペース(迅速性を望むべからず)
  • カメラのUI設計に迷いが(おそらくもうすぐ完成形。理想型になれば!2018現在)
  • オートホワイトバランスが向上すればJPG撮って出しでOKになる!
  • 重厚長大の方向はペンタックスじゃない気がする

ニコン、ペンタックスと他社との比較

 どちらも現実忠実系の絵作り。嘘くさい写真が苦手な人にオススメ。
 機械としてはどちらも真面目な作り。真面目すぎて重い(C社比)。
 レンズラインナップの少ないペンタックスも普通の使用には十分なはず。

オートフォーカス比較

 あまりよくわからずにカメラ任せで鳥、昆虫など動体を撮る人ならニコン=キャノン>>>>>ペンタックス。
 但しAFをしっかり使いこなす人なら同じ被写体でもニコン>ペンタックス。
 静物のAF精度はそんなにかわらない。ニコン≥ペンタックス。
 
 AF速度はズームレンズなら大三元をのぞけばニコン、ペンタックス、キャノンは互角。(C,Nの大三元は別格)
 マクロレンズはニコン、キャノン爆速あり。ニコン=キャノン>>>>>ペンタックス。ペンタのマクロはMFで。
 通常の中望遠までの単焦点は、ボディモーターを使うペンタックスの方が早いものが多い。うるさいけど。
 MF使いならAF全く関係なし。ピントリングの操作性はペンタックスが遊びが少なく心地よいものが多い。