D810一覧

 D800のネガティブなところをつぶしてきた後継機。
 シャッターのショックが大幅に減り、ブレもかなり減少した。
 3635万画素はトリミング耐性があり、DXクロップ使用時でも1500万画素相当なのは、旅行時などに携行の楽なDXレンズの使用も検討できる。
 後継であるD850が登場したが一般ユーザーの使用であればD810でも十分かと。(個人的感想)

画質

色合い

 オートホワイトバランスがD800に比べて随分変わった。
 黄色いと言われたニコンの描写が大幅に薄れ、屋内の使用ではほぼストレスフリー。だが屋外日陰などではまだ改良の余地があり、D850で”自然光のみ”の設定が増えたのはそのあたりが原因か。
 アクティブDライティングはあいかわらず使いやすいが、シャドウを持ち上げるので人肌の色合い重視の時は要注意、赤黒くなることがある。適正露出で撮ろう。

解像度

 ローパスレスになり強烈な解像、レンズにもよるが。
 ローパスレス化によりモアレの懸念があるが、実情問題なし。もしあればphotoshopで対応。
 古いレンズの場合も等倍鑑賞しなければOK。画素数の増加も結局は最終の仕上がりサイズによる。

高感度耐性

 風景ならISO6400まで許容範囲。人肌をそこそこきれいにしたいならISO3200、できればISO1600までに抑えたい。
 高感度耐性はD700でブレイクスルーが起きた後はゆっくりした進歩。

運用時の感想

 D800から細かい正統派マイナーチェンジ、気がきくぞD810。個人的には動画録画ボタンにISOを割り当てできることが嬉しい。左手を使わずに済む。
 AFポイントはカメラの縦横の向きによりポイントスタイルや位置を記憶できるようになった。便利な反面、切り替わりにタイムラグがありじれったいことも。

 ボディはあいかわらずでかく重い、軽いキャノンが羨ましい。ただ剛性感はこちらがあり屋外でハードに使用しても実際ノートラブル。
 
 シャッター音が静かなことがありがたい。おそらくニコンではDX機も含めて最も静かな一眼レフ(D3200くらい)。物足りない人もいるかもだが、周りの人にとってシャッター音は気になるもの。
 
 AFはあいかわらず早く正確。単焦点のAFが遅いレンズを使わなければ、走ってくる子供、一般道の車くらいなら余裕。グループエリアが追加になり背後に抜けることが減った。完全な全点オートは被写体がはっきりしている時にはかなり有効。これらの切り替えは左手ボタンと右手ダイヤルだけなので、ファインダーをのぞきながらでも臨機応変に変更可。
 
 動体撮影はダイナミックAFも結構使えるが、確実にならシングルポイントでの運用がオススメ。ただ3Dトラッキングはまだまだという感じ。D810のシングルポイントで追えないなら多分どの機種を使っても結果は同じ、被写体にポイントを当て続ける技術を向上したほうがいい。

比較色々(実使用感、個人的意見)

D810とD800との比較

 解像度はローパスレス化も等倍鑑賞しなければわからない。ホワイトバランスの変化は黄色が抜けたととるか、暖かさが減ったと取るかで好みの問題。
 高感度耐性はあまりかわらない。RAW現像する人なら益々。よほど細かく見なければ気にしなくていいレベル。
 AF速度、AF精度もあまりかわらない。細かい操作性の違いも速射重視でなければ気にならない程度。
 一番の違いはシャッター。D810は柔らかく静かな音。遅いシャッター速度でのブレも減る。
 うるさいのを容認できるならD800もまだまだ現役。予算があればD810、あとは出てくる絵の好み。

D810とD750との比較

 画素数が違うので必要性があればD810一択。A3プリントまでならD750もOK。
 高感度耐性はJPGならD750優勢、RAWなら気にしなくていいレベル。
 同じEXPEED4だがでてくる絵は違う。D810の方がおとなしくD750は派手め、コントラストきつめ(デフォルト状態で)。
 AFは速度、精度は同レベル。しかしD810の方がカバーする範囲が広い。しっかりAFポイントを動かして撮るならD810が有利な時も。
 
 ハードウェアの大きな違いはチルトのモニタ。低い位置での撮影時は便利だが、いかんせんライブビューでのAFが遅いニコンなのでじれったいかも。
 あとはシャッター速度、最大1/8000sのD810と1/4000sのD750、ズームレンズなら気にならないが明るい単焦点レンズを使うなら1/8000sが欲しくなる。
 いろんな写真が撮りたい、ズームレンズメインなら軽くて使いやすいD750オススメ。画質最優先なら間違いなくD810。

D810とD600、D610との比較

 D600とD610はどこが違うのレベルなので一緒に比較。
 一番の違いはAF、D810は全点あてにしてよいがこちらは中央のみであとは信頼性が薄い。中央は動体もOK。
 ただ出てくる絵はD600はとても素直。黄色味はあるがやさしい絵が出てくる。人肌はこちらの表現が好き。比較するとD810は派手でコントラストきつめ。
 高感度耐性もあるので静物メインなら十分D600もアリ。バッテリーが現行機種と同じなのもうれしい。

D810とD700との比較

 D700は画素数が少ない、大きくプリントしない人に。メモリーがこちらは1枚のみ。バッテリーも旧型。
 でてくる絵はとても素直。AFも中央は正確、動体もOK。実用機としてなら十分な性能。中古はかなり安価なので予算をレンズに回してこちらもあり。

D810サブにもう1台

 D810がディスコンになり価格が下落中。新品で230000円は非常にお買い得な感じ。購入した時は30万円以上だったので3割近く安くなった。...