D800一覧

 D700から一気に高画素化。高画素化にも関わらず高感度耐性も維持。コンパクトフラッシュとSDのダブルスロットで安心。

画質

色合い

 ニコンのウォームな色合い。すっきりした色合いが好みならカメラのAWBの設定を少しブルー側に寄せると暖かさを残しながらマシになる。
 スタンダードの設定は、シャドウも残して諧調豊か。緑などの表現は実際の色重視。物足りない場合はビビッドの設定で。ポートレート系はマジェンタをプラス。

解像度

 3600万画素の圧巻の解像力。APS-Cレンズでも1600万画素近くで十分実用性がある。この場合ファインダー視野が100%を超え、周りを見渡せるので便利なことも。

高感度耐性

 風景ならISO6400まで許容範囲。人肌をそこそこきれいにしたいならISO3200、できればISO1600までに抑えたい。
 高感度耐性はD700でブレイクスルーが起きた後はゆっくりした進歩。

運用時の感想

 シャッター音の大きさに驚く。やはりシャッターショックにより微ブレもときおり気になる。
 ボディは大きく重い。ダブルスロットが万一の場合に嬉しい。親指AFボタンが独立してあり、実用的なコンティニュアスAFと合わせて動体撮影が楽。
 
 AFは早く、正確だが単焦点f1.4などのレンズの場合はやはり慎重に。
 バッテリーは普通に撮っていれば2000カットくらいは余裕で泊まりの旅以外は予備バッテリーの必要性は薄い。
 
 D810、D850と後継機が続くが実用性ではまだまだ現役。

比較色々(実使用感、個人的意見)

D800とD810との比較

 解像度はローパスレス化も等倍鑑賞しなければわからない。D810のホワイトバランスの変化は黄色が抜けたととるか、暖かさが減ったと取るかで好みの問題。
 高感度耐性はあまりかわらない。RAW現像する人なら益々。よほど細かく見なければ気にしなくていいレベル。
 AF速度、AF精度もあまりかわらない。細かい操作性の違いも速射重視でなければ気にならない程度。
 一番の違いはシャッター。D810は柔らかく静かな音。遅いシャッター速度でのブレも減る。
 うるさいのを容認できるならD800もまだまだ現役。予算があればD810、あとは出てくる絵の好み。

D800とD750との比較

 画素数が違うので必要性があればD800一択。A3プリントまでならD750もOK。
 高感度耐性はJPGならD750優勢、RAWなら気にしなくていいレベル。
 EXPEED3とEXPEED4で、でてくる絵は随分違う。D800はすっきりして諧調豊か、暖色系。D750は派手め、コントラストきつめ(デフォルト状態で)。
 AFは速度、精度は同レベル。
 
 ハードウェアの大きな違いはチルトのモニタ。低い位置での撮影時は便利だが、いかんせんライブビューでのAFが遅いニコンなのでじれったいかも。
 あとはシャッター速度、最大1/8000sのD800と1/4000sのD750、ズームレンズなら気にならないが明るい単焦点レンズを使うなら1/8000sが欲しくなる。
 いろんな写真が撮りたい、ズームレンズメインなら軽くて使いやすいD750オススメ。画質優先ならD800推し。

D800とD600、D610との比較

 D600とD610はどこが違うのレベルなので一緒に比較。
 一番の違いは画素数。D800の3600万画素は強烈。AFの精度はD800が若干上、動体を全点駆使して撮るならD800。
 出てくる絵はD800、D600は共にとても素直。黄色味はあるが諧調豊かなやさしい絵が出てくる。
 高感度耐性もあるので静物メインなら十分D600もアリ。バッテリーが現行機種と同じなのもうれしい。

D800とD700との比較

 D700は画素数が少ない、大きくプリントしない人に。メモリーがこちらは1枚のみ。バッテリーも旧型。
 でてくる絵はとても素直。AFも中央は正確、動体もOK。実用機としてなら十分な性能。中古はかなり安価なので予算をレンズに回してこちらもあり。

NOT FOUND

記事は見つかりませんでした。