D750一覧

 ニコン初のフルサイズでのチルトモニタ搭載。安定した画質、AFでコスパ抜群のフルサイズ入門機。

画質

色合い

 EXPEED4により、以前のニコン機の「黄色い」という感覚はかなり薄れた。光の状態が良ければ撮って出しでOK。日陰などの場合は手を加えたくなるが、それはC社などでも同じ。光が良くない場合、ニコン機全てだがアクティブDライティングによるシャドウ持ち上げによる色の変化に注意。

解像度

 必要十分な2400万画素。ローパスフィルター搭載だが解像度不足は感じない。

高感度耐性

 風景ならISO6400まで許容範囲。人肌をそこそこきれいにしたいならISO3200、できればISO1600までに抑えたい。
 JPG撮って出しなら差があるがRAW現像ならD700以降のフルサイズとは大差ない。

運用時の感想

 軽く持ちやすくなった。グリップの違いでこんなに変わるとは!
 シャッター音は安っぽくばたついた感じだが、シャッターによる微ブレは感じない。
 ニコンフルサイズ機では標準のダブルスロット(Dfは除く)が万一の場合に嬉しい。親指AFボタンはないがAEロックボタンを割り当て可能、D600より少し押しやすい位置で十分使える。
 
 AFは早く、正確。D600とは別物でD8xxシリーズに相当する程度。但しD8xxよりAFをカバーするエリアは狭い。
 バッテリーは普通に撮っていれば2000カットくらいは余裕で泊まりの旅以外は予備バッテリーの必要性は薄い。
 
 ニコンフルサイズ初搭載のチルトモニタはマニュアルフォーカス前提であれば、窮屈な体勢の時に便利。ニコンのコントラストAFが遅いのでAF時にはじれったい可能性大。

比較色々(実使用感、個人的意見)

D750とD810との比較

 画素数が違うので必要性があればD810一択。A3プリントまでならD750もOK。
 高感度耐性はJPGならD750優勢、RAWなら気にしなくていいレベル。
 同じEXPEED4だがでてくる絵は違う。D810の方がおとなしくD750は派手め、コントラストきつめ(デフォルト状態で)。
 AFは速度、精度は同レベル。しかしD810の方がカバーする範囲が広い。しっかりAFポイントを動かして撮るならD810が有利な時も。
 
 ハードウェアの大きな違いはチルトのモニタ。低い位置での撮影時は便利だが、いかんせんライブビューでのAFが遅いニコンなのでじれったいかも。
 あとはシャッター速度、最大1/8000sのD810と1/4000sのD750、ズームレンズなら気にならないが明るい単焦点レンズを使うなら1/8000sが欲しくなる。
 いろんな写真が撮りたい、ズームレンズメインなら軽くて使いやすいD750、コスパ抜群で強くオススメ。画質最優先なら間違いなくD810。

D750とD800との比較

 画素数が違うので必要性があればD800一択。A3プリントまでならD750もOK。
 高感度耐性はJPGならD750優勢、RAWなら気にしなくていいレベル。
 EXPEED3とEXPEED4で、でてくる絵は随分違う。D800はすっきりして諧調豊か、暖色系。D750は派手め、コントラストきつめ(デフォルト状態で)。
 AFは速度、精度は同レベル。
 
 ハードウェアの大きな違いはチルトのモニタ。以下D810との比較と同様。

D750とD600、D610との比較

 D600とD610はどこが違うのレベルなので一緒に比較。
 一番の違いはAF。精度、カバーする範囲など完全にD750おすすめ。ただ中央1点主義なら動体であってもD600もOK。
 出てくる絵はかなり違う。D750はコントラスト強めの今風。D600、D610はおとなしめで階調豊かな方向。どちらがよいかは好み。
 高感度耐性はRAWならさほどかわらない。JPGはD750有利。D600もバッテリーが現行機種と同じなのもうれしい。

D750とD700との比較

 D700は画素数が少ない、大きくプリントしない人に。メモリーがこちらは1枚のみ。バッテリーも旧型。
 でてくる絵はとても素直。AFも中央は正確、動体もOK。実用機としてなら十分な性能。中古はかなり安価なので予算をレンズに回してこちらもあり。

D750とDX機との比較

 D750がコスパ抜群でDX機と比較する方のために。
 FX、DXの画質面の一番の違いは高感度耐性。1段はRAW・JPG共に確実に違う。ただ被写界深度から考えるとDXは一段開けて同程度になるので、ある程度は相殺可能。
 現在のDX用のレンズはコスパ抜群のレンズが多く、これらはサイズ・重量も持ち運びしやすいので、DX機を選ぶのも十分選択の余地あり。
 日中屋外で、同じレンズを使うとFX・DXの写真はほぼ見分けがつかない。D3200やD5200といった入門機であっても!DXでも画質に手を抜かないニコンに感謝。

NOT FOUND

記事は見つかりませんでした。