このサイトでの撮影のルール

撮影で迷惑をかけないという当然のマナーは、ホントに当然。
ここでは子どもたち向けの写真館という本サイトの趣旨によるルールを記載。

嘘の写真を撮影しない

絵になるからと言って、虫や花を移動しない。

 本来いるべきでないところにいれば、それは嘘。
 子どもたちをミスリードすることをしてはいけない。

 理解度を深めるためなどに、あるがままに手を加えるときは本文中に記載すること。

被写体を選びすぎない

 きれいな花ばかりじゃない。ぼろぼろになりながら生きている生き物はいっぱいいる。
 自然はそんなに想像する通りじゃない。きれいごとだけじゃない。

過剰なレタッチをしない。

 見栄えがいいからと彩度を上げすぎたりするのは大人向けの写真だけで十分。
 子どもたちにはリアルな画像を。魅力はレタッチで出すのではなく、被写体の魅力を引き出す努力によって。

小さな子供たちの目線での写真を

 専門的すぎる写真ではなく、通りがかった子どもたちがそのままで気がつくような写真を。
 昆虫などはわかりやすい場所にはあまりいない。普段の視点での導入から小さな世界への移動を意識すること。

 子どもたちの自然科学への入り口の役目を果たしたい。