写真の主題 > 植物 > 草花 > 土筆・スギナ > 畦道の土筆 その1
撮影の場所 > 里山 > 河原・土手 > 畦道の土筆 その1

畦道の土筆 その1

 春先は何かとバタバタと所要があります。
 こんな時、すぐ身近にあるものの変化には気が付きますが、目に触れないものはすっかり忘れてしまったりします。

 忘れていたのは土筆。スギナです。昨年の写真を整理していて気が付きました。

 見に行きたいと思ったので、所要の道中に小川のある田んぼの畦道へ。
 行ってみるとありました、ありました。


川沿いは風が強かったです

 土筆とは一年ぶりの再会です。

 よくみるとちいさいのがたくさん。
 ちょっと引いて撮ってみましたが、見えるかな?

 どの土筆ももう開ききっているものばかりです。

 土筆は正式にはスギナといいます。普通の花と違ってコケなどの仲間。種ではなくキノコのように胞子で増えます。 その胞子は下の写真の開いたところに詰まっています。

 もうちょっとアップで。

 肉眼では全然見えませんがルーペで見るとまだ少し胞子は残っているようです。
 なのでもっとアップで!

 さらにこの写真を切り取って等倍に拡大してみます。

 小さいみどりの点がちらほらあるのが見えますか?これがスギナの胞子です。顕微鏡で見ると緑の丸いのに手が生えているような形です。顕微鏡写真はまだ撮れないので、「スギナの胞子」で画像検索してみてください。

 次回は過去の写真も掲載してもうちょっと土筆を紹介します。^^